排気量ごと自動車税の金額や支払い方を詳しくご紹介

自動車を所有していると様々な税金がかかります。
その仲でも毎年納付しなければならない自動車税の金額や支払い方など詳しく解説していきます。

自動車税の金額

自動車税の金額は車の用途や排気量によって異なります。
排気量500CC刻みで自動車税は区分されていて、自動車を所有している人に自動的にかかるので、車検証に記載されている所有者の元に税金の納付書が届きます。
毎年自動的にかかる税金なので、車を売却したり廃車にした場合は抹消登録をしないと翌年も税金がかかるので注意しましょう。

軽自動車 は1万800円
1000cc以下の乗用車は、2万9500円
1500cc超から2000cc以下は、3万9500円
2000cc超から2500cc以下は、4万5000円
2500cc超から3000cc以下は、5万1000円
3000cc超から3500cc以下は、5万8000円
3500cc超から4000cc以下は、6万6500円
4000cc超から4500cc以下は、7万6500円
4500cc超から6000cc以下は、8万8000円

また、2019年10月1日から自動車税が減される予定となっています。
これは消費税が10%に増税されることを受けて税率が引き下げられるのですが、期間限定でなく恒久減税となる見通しです。

自動車税の納付時期や支払い方法

毎年5月上旬頃までに「自動車税納税通知書」が届きます。そこに記載のある金額を納付期日までに、幾つか種類のある納付方法に従って支払をします。
納付をする都道府県によって多少異なる場合もありますが、郵便局や銀行での納付やコンビに支払、最近ではクレジットカードやスマホ決済での支払いもできるようになっているのでご自分にあった方法で納付しましょう。

コンビニでの支払いは現金が基本ですが、電子マネーのnanacoやwaon、suicaなどでの支払いも可能です。

クレジットカードでの支払についてはYahoo公共料金に登録があるか、各都道府県のサイトで対応をしていればカード支払がかのうです。
ただ、カード支払の場合300円~の手数料がかかるので納付の前に事前に確認したほうがよいでしょう。

スマホ決済アプリでは、LINEpay、Yahooアプリ、PayBなどでは自動車税や軽自動車税の税金を納付することができます。

クレジットカードとスマホの決済アプリが使えるかどうかは各自治体によりますので注意してください。

自動車税の重課制度(13年超自動車)

新車購入して初年度登録をしてから13年を経過したガソリン車とLPG車は自動車税が高くなります。
なぜならエコカー減税やグリーン特化など環境に配慮する取組みが進められている一方で、古い車は環境に対する負荷が高まるので減税がある一方、13年経過した車には自動車税が15%重課されています。

例えば、2000CCの乗用車の場合、通常の自動車税は4万5000円ですが、13年を超える乗用車は 5万1700円となります。

またディーゼル車は初年度登録から11年経過で15%重課されます。