四十肩、五十肩について、症状や原因、対処法など

四十肩、五十肩について

四十肩、五十肩とは、肩の周辺の関節が炎症を起こして、肩が上がらないなど関節の動きが制限されること、またその時の痛みの症状を言います。
主に40代~50代の人に多く発症することから「四十肩」「五十肩」と言われていますが、医学的には「肩関節周囲炎」と言います。
「四十肩」「五十肩」は、症状が発症した時の年齢により呼び方が変わりますが、両症状に明確な違いは無いようです。

主な症状としては、腕を上げると痛む、肩がこわばる、思うように腕を動かせない、寝返りがうてない等の肩を中心とした周囲関節の動きの制限と痛みになります。
多くは左右どちらかの肩に痛みがでることで発症しますが、症状が進行すると二の腕や手先にも痛みが伝わるようになります。
また、痛みのある方の肩をかばいながら生活を続けることで、逆の肩にも無理な負担がかかり痛めてしまうということもあります。

四十肩、五十肩の原因とは

四十肩、五十肩の一番の原因は、加齢による筋力の低下だと考えられています。
関節滑膜と呼ばれる肩の部分にある関節を覆っている膜や、骨同士を結びつける靭帯の柔軟性が加齢によって低下することで可動域が狭まることや、上腕部の筋肉か腱の性質の変化が原因であると言われています。
また、疲れや姿勢の悪さ、肩まわりの緊張、血行不良などによっても起こると言われています。

急性期四十肩、五十肩

四十肩、五十肩はある日突然、鋭い痛みを感じて発症するということが多いです。
肩関節の炎症による痛みが原因で、ほとんどの場合左右どちらか片方の肩にのみ起こります。
服の袖に腕を通せない、あまりの痛みに夜眠れない、というほどの強い痛みを感じることもありますが、この急激な痛みは数日間で収まります。

慢性期四十肩、五十肩

急性期の急激な痛みが治まると、鈍い痛みへと変わり、肩を動かせる範囲が徐々に狭くなってくるということがあります。
これは四十肩、五十肩が慢性期に入ったことを示し、この時期に方が痛いからと関節を動かさないでいると、肩の組織の癒着が起こりさらに関節が動かなくなる
という悪循環に陥ってしまいます。

四十肩、五十肩の予防法

四十肩、五十肩の予防としては普段から肩の関節を動かしストレッチをしておくことが大切です。
加齢による筋力の衰えを緩やかにするためには、できるだけ筋肉を使い維持させることが重要です。ストレッチをして筋を伸ばしておくことで、柔らかい関節を作ることができます。

四十肩、五十肩の対処法

四十肩、五十肩になってしまった場合はどのように対処すればよいでしょうか。
現在急性期であるか、慢性期であるかによって対処法が異なります。
急性期である場合は、強い痛みが出ていることが多いので、無理に動かそうとせず、運動や重い物を持つなどの行動は控えましょう。
一般に、四十肩、五十肩の炎症の際は冷やすよりも温めたほうが血行が良くなるのですが、急性期で強い痛みがあり、温めるよりは冷やした方が楽だと感じる場合は冷やすのも良いそうです。湿布なども炎症を鎮める効果が期待できます。
一方、慢性期では出来るだけ関節を動かす方が良いです。とはいえ、まだ鈍い痛みを感じる頃なので激しい運動などはせず、腕を振り子のように前後にゆっくり動かすような動作がおすすめです。
このときにペットボトルなどの1kgほどの物を持った方が、やりやすいのとペットボトルの重みで腱が伸びるのでおすすめです。

四十肩、五十肩になってしまうと、すぐには完治せずしばらくは不自由な思いをすることも多いですが、自然に完治してしまうことも多いです。
安静にすることも、リハビリも大切ですが、自己判断は危険なこともありますのでまずは病院で診断を仰ぐことが重要です。