更年期障害の症状、原因や対処法、若年性更年期障害とは

更年期とは

更年期とは、一般的に閉経を挟んで前後5年間の10年間の事を言います。
多くの女性はこの更年期の時期に様々な症状があらわれます、その症状を更年期障害といいます。
更年期は誰にでも訪れる期間ですが、更年期障害の度合いは人それぞれで、ほとんど症状を感じない人もいれば、日常生活を送るのが困難なほど、重い症状があらわれる人もいます。

更年期障害の主な症状としては、だるい、立ちくらみ、疲れやすい、耳鳴り、のぼせ、動悸、ほてり、手足のしびれ、多汗、関節の痛み
、手足の冷え、からだのかゆみ、腰痛、肌や目、口の乾燥、肩こり、頭痛、尿トラブル、めまいなどの症状の他、イライラ、不眠、不安感といった精神的な症状も起こります。

更年期障害の原因

更年期障害の原因はホルモンバランスの乱れだと言われています。
女性ホルモンの1つである「エストロゲン」は、9歳ごろから卵巣で分泌がはじまり、30代半ばにピークを迎えます。
その後は分泌量が徐々に減っていき、次第に卵巣機能も低下していきます。40代半ばごろには急激にホルモン分泌が低下し、この変化に体がついていけずに「更年期障害」として不調があらわれると言われています。

更年期障害の対策

更年期障害は加齢による身体の衰えでもあるので、予防をすることはなかなか難しいかもしれません。
症状も個人差があり、自身で対策をとれる人もいれば、病院での治療が必要なレベルの人もいます。
自分でできる更年期障害の対策としては、以下の項目が挙げられます。

ストレスを溜めない

生活をしていれば、仕事や人間関係でストレスに感じることは多々あるかと思います。
人間の身体は、ストレスを受けることで、様々なストレスホルモンを分泌します。過度なストレスは、体のあらゆる機関に影響を及ぼし、更年期障害を悪化させる原因となります。
普段からできるだけストレスを溜めないように、上手くストレスを解消することが、更年期障害を乗り切るポイントになります。

運動をする、生活習慣の改善

乱れた生活習慣も、更年期障害を悪化させる原因になります。
更年期障害の症状の1つでもある不眠は、生活のリズムを乱す大きな原因です。適度な運動を取り入れることで、疲労がたまり夜に眠りやすくなりますし、軽めの運動はストレスの解消や血液循環を向上させる効果も期待できます。

食生活の改善

更年期になると、高血圧や糖尿病などのいわゆる生活習慣病のリスクが高くなります。食事から摂る栄養は、健康な体を維持するうえで重要なものですが、食事の好みなどもありなかなか新しい物は食べなくなってくるのも更年期によくあることだと思います。
塩分を控える、野菜を多く摂る、などは一般によく言われることですがパランス良く色々な食べ物を摂取することが、健康な体を維持するうえで重要なポイントになります。

男性の更年期障害

更年期障害というと、「ホルモンバランスの乱れから起こる女性の病気」というイメージがありますが、男性にも更年期障害は存在します。
男性ホルモンの1つである「テストステロン」は20代の頃が最も分泌量が多く、その後加齢とともに減少します。
女性の更年期障害が閉経前後の約10年間に起こりやすいのに対して、男性の更年期障害の場合はホルモンの減少する年齢や期間、程度においてかなりの個人差があり更年期とされる年齢も40代~60代と幅が広く、更年期障害の終わりがなかなか来ないという方も多いことが特徴です。

男性更年期障害の主な症状としては、性欲の減少、ED、興味・意欲の減退、疲れやすい、集中力・判断力・記憶力の低下、短気、自己中心的、神経質、不安、気分が落ち込む、不眠、筋肉量の減少、内臓脂肪の増加、皮膚がたるむ、シワが出てきた、骨が脆くなった、関節痛、筋肉痛、頭痛、発汗、ほてり、手足の冷え、太りやすくなる等が起こります。

若年性更年期障害

更年期とは、男女に多少の差はあるものの50歳前後の年齢を指しますが、近年では20代~30代の若年層の男女にも更年期障害と同様の症状に悩まされているという人が増えています。
働き盛りである年齢の若者が、ストレスを抱えやすくなったことにより自律神経の働きが乱れ、ホルモンバランスが崩れてしまうことにより、更年期障害同様の様々な症状が起こっていると考えられています。

女性の若年性更年期障害

女性の更年期障害と基本的には同様の症状になりますが、代表的なものとしては、ほてり、手足の冷え、めまい、頭痛などが挙げられます。
さらに症状が進行すると、骨量の減少、膣の乾燥や萎縮、脱毛、うつ症状、生理不順、無月経などが起こります。
特に、短期間で急激に体重が減少すると、女性の身体は生命活動を優先するため、妊娠を避けようとします。その結果、生理が止まるといった症状が起こります。

男性の若年性更年期障害

男性の若年性更年期障害の症状は女性とは少し異なり、突然気力をなくす、イライラする、疲れが取れないといった症状が出ることが多いです。
重症化するとEDや、やる気や気力がなくなり鬱状態になることもあります。

若年性更年期障害の対策

若年性更年期障害はストレスが原因でホルモンバランスが崩れ、発症するということが多いです。
ストレスの原因を取り除くことや、うまくストレスを解消できることが望ましいですが、現実的に難しいこともあると思います。
若年性更年期障害の治療には、ホルモン療法、漢方薬、低用量ピルなどを活用して、ホルモンバランスを安定させる方法があります。
深刻な症状に陥ってしまう前に医師の診断を受け、併せて普段の生活を規則正しいものに近づけることが大切です。