メガネのJINS(ジンズ)

JINS(ジンズ)

メガネのJINSと言えばまっ先に思い浮かべるのがCMで話題になった「JINS PC」メガネではないでしょうか。あのCMで一躍有名になったような気がします。今では「JINS SCREEN」と名前が変わっていますが「JINS PC」で覚えている人のほうが多いかもしれません。
既に利用している人もいるかもしれませんが、もう少し詳しくまとめてみました。

JINS(ジンズ) お店や営業時間

JINSのお店は全国47都道府県で362店(2019/2現在)出店してます。多くの場合商業施設やショッピングモール、ショッピングセンターにお店があるので営業時間は、その施設によって違ってきます。

詳しい時間は公式サイトで確認すると間違いありません。さらに店舗の詳細ページでは時間帯別の訪問数がグラフで確認ができるので、最寄の店で混雑具合を確認して空いている時間帯を狙って訪問するのに活用できます。

また、近くにJINSのお店がないという方のためにオンラインショップもあるので後でご紹介しますね。

JINS(ジンズ)のメガネやレンズ

ブルーライトカットメガネは数年前からは流行っていますが、JINSの代名詞ともいえるPCメガネなら29種類のフレームが用意されていて、標準レンズでもブルーライトを13%、25%、40%、60%カットするレンズが用意されています。

ただ、カット率はレンズの度数によって異なるのでご自分の視力によってかわるのでお店で確認してもらうのが良さそうです。もしくは、眼科で処方箋ををもらっている場合、そちらを使うのも有効です。
PCメガネの「JINS SCREEN」は標準セットなら5,000円(税別)です。

JINSのメガネは遠視・近視・乱視でも薄型非球面レンズなので従来よりもレンズも厚くならずに軽くスタイリッシュなのが特徴です。
メガネ自体があまり重くならず長時間掛けていても耳や鼻などに当たっても疲れにくいのもメガネを掛ける人にとっては大事な要素なので、標準セットで薄型非球面レンズが用意されているのは嬉しいですね。

遠近両用レンズにしたい場合は通常のセット価格(フレーム+レンズ)に追加レンズ代が5,000円掛かります。

JINS(ジンズ) オンラインショップ

近くにお店がない人もJINSでメガネが購入できます。

会員登録をして「自分の度数を登録」しておけば、どんなフレームでも自分にあった度数のメガネが購入できます。自分の度数は先ほども出た眼科の処方箋かメガネを購入した際についている保証書や明細などに記載されているので、お手元にあるなら登録しておくと便利です。

3000円以上の購入で送料は無料なのでボリュームゾーンの5000円(税別)のメガネを購入すれば送料は無料になります。

JINS(ジンズ)のメガネをお得に買う

オンラインショップの会員登録では「バースデーで30%OFFクーポン」がもらえます。また、公式のSNSで「10~30%OFFの限定クーポン」が出ることがありますし、 さらに、アイテムの追加や再値下げでMAX50%OFFのスペシャルセールが開催されることもあります。

他社やキャラクターとの「コラボキャンペーンで5~10%OFF クーポン」もでたりします。クーポンサイトのグルーポンに割引きクーポンが出品されていることもあるので、時々チェックすると割引きの高いクーポンなどが 見つかるかもしれません。

JINSはオンラインショップやSNSなどを活用してクーポンを案外配布しています。店頭だと大々的に配布しているようには見えませんが 賢く会員登録したりクーポンサイトを除いているだけで、Minで5%OFF、MAXなら50%OFFでメガネを購入できてしまいます。

クーポンなど上手に活用して、お得にメガネを手に入れましょう。