御朱印集めをはじめるなら知っておきたいこと

最近、御朱印集め話題になってますよね。
御朱印を集めるために、お寺や神社に参拝をする人がかなり増えているようです。

今回は初めての方でもわかりやすく、御朱印集めをはじめられるように詳しくご紹介していきます。

御朱印とは

そもそも御朱印とは何か?というのを調べてみました。
もともとはお寺で写経を奉納した証としてもらえる証明書のことを指していたようです。
そこにはお寺の名称やご本尊、日付などを墨筆で書いて、護符の朱印を押したもの御朱印と呼びます。

今では写経をしなくても参拝をした時に頂くことができる物になって、お寺だけでなく神社でも御朱印をいただけるようになっています。
寺院や神社でそれぞれオリジナルでバリエーションが豊なのでそれを集める方も増えています。

御朱印をいただく御朱印帳

御朱印帳とは御朱印専用の帳面で、本人がこれまでに功徳を積んだ証として極楽浄土への手形として亡くなった際に棺に入れてもっていくものとされています。

最近ではコレクターズアイテムのように集めることを目的にしている人も多いのですが、本来の意味を知って集めた御朱印は大切に保管しておくとよいでしょう。

御朱印帳は通常のノートとは違い蛇腹折(じゃばら)になっていて開くと屏風のように一枚になるのが特徴です。
表紙から開いて順に使っていくのですが、蛇腹折になっているのでオモテ面の一番最後まで使いきってしまった場合、ウラ面を使うかどうかは決まりがありません。
ウラ面までいっぱいに御朱印をいただく方もいますので、個人の自由となっています。

また、御朱印帳のサイズにはいろいろとあるのですが、文庫本サイズやB6サイズのものが多いようです。
御朱印がいただける寺院や神社で御朱印帳は購入できますが、最近では通販などでも販売しているので色々と探してみるのも良いかもしれません。

こちらは御朱印帳の専門店です。 https://www.goshuincho.com/
いろいろと可愛いものなど探してみてください。

御朱印集め・御朱印巡り

御朱印をいただくには、寺院や神社を参拝した後に社務所や寺務所にいって御朱印帳をお渡ししてご朱印をお願いすれば書いていただけます。
神社では初穂料、お寺ではお志として300円~1000円程度をお支払しますが、なかには金額はお気持ちでというところもありますので300円殻~1000円の間でお渡ししておけば間違いはありません。

御朱印は特徴的なものばかり

御朱印にもカラフルなものや豪華絢爛なもの荘厳なものなど様々です。
月替わりであったり季節ごとのスタンプを使用したりと、同じところのご朱印も時期によって変化が楽しめます。

例えば、京都府にある「建勲神社」は織田信長を祀った神社で、御朱印帳も「天下布武」があしらわれており、御朱印にも信長が舞いをしているスタンプなど情緒のある御朱印がいただけます。

また、熊本県にある「普応軒」では日本では唯一、キリスト教の御朱印をいただくことができるお寺で有名です。

東京で人気の御朱印がいただける神社仏閣

・増上寺
・烏森神社
・上神明天祖神社
・日枝神社
・浅草寺
・靖国神社
・東京大神宮
・浅草神社
・神田明神
・宝珠院
・明治神宮

一度参拝してみるのもいいですよ。