BMIとは、計算方法や年齢による違いなど

BMIとはなにか

BMIとは肥満指数(ボディマス指数)のことを指します。
年齢や男女差などにより理想とするBMIの数値には差がありますが、22前後が最も病気になりにくい数値だと言われています。
WHOの国際基準によれば、BMI25以上が過体重(肥満度1)、BMI30以上が肥満になります。
日本人を含むアジア人の場合、BMI25以下であっても2型糖尿病や循環器系の疾患の発症リスクは高いとされています。
肥満の人が掛かりやすい病気と言われているのが糖尿病、高血圧、脂質異常症などです。動脈硬化を起こすと、心筋梗塞や脳卒中など生命の危険につながる恐ろしい病気です。

BMIの計算式は
体重kg÷(身長m×身長m)になります。

BMIは6段階に分けられます。
・低体重 BMI18.5未満
・普通体重 BMI18.5以上25未満
・肥満度1 BMI25以上30未満
・肥満度2 BMI30以上35未満
・肥満度3 BMI35以上40未満
・肥満度4 BMI40以上

身長からみる適正体重の計算式は
(身長m×身長m)×22 になります。

子どものBMI

成長期の子供の場合は、大人のBMIとは異なります。
特に乳児期(3ヶ月~5歳)は肥満指数とは言わず、発育指数(カウプ指数)といい、発育状態を示す指数としています。

発育指数(カウプ指数)の計算式は
体重kg÷(身長cm×身長cm)×10000になります。

発育指数(カウプ指数)は5段階に分けられています。
・やせ 発育指数(カウプ指数)13未満
・やせぎみ 発育指数(カウプ指数)13以上15未満
・正常 発育指数(カウプ指数)15以上18未満
・肥満気味 発育指数(カウプ指数)18以上20未満
・肥満 発育指数(カウプ指数)20以上

乳児期以降の学童児(小・中学生)の場合の肥満指数はローレル指数といいます。
学童児の肥満指数(ローレル指数)の計算式は
体重kg÷(身長cm×身長cm×身長cm)×10000000になります。

学童児の肥満指数(ローレル指数)は5段階に分けられています。
・やせ 学童児の肥満指数(ローレル指数)100未満
・やせぎみ 学童児の肥満指数(ローレル指数)100以上115未満
・正常 学童児の肥満指数(ローレル指数)115以上145未満
・肥満気味 学童児の肥満指数(ローレル指数)145以上160未満
・肥満 学童児の肥満指数(ローレル指数)160以上

BMIは身長からみた体重の指標ですが、筋肉量に関しては考慮されていません。
筋肉は脂肪よりも重いので、筋肉量の多い人は肥満ではなくてもBMIの数値が高く出てしまうことがあります。
筋肉量を考慮した肥満の指数を知るためには、体脂肪率を計測します。

体脂肪率とは

体脂肪率とは、体重に占める脂肪重量の割合を指します。
体重が標準値だったとしても、体脂肪率が高いということもあります。

体組成計とは

体重、BMI、体脂肪率などを一度に測定できる機械を体組成計といいます。
体組成計は測り方の違いで種類がいくつかあり、機能などが異なります。